権利の管理と侵害防止

講義

企業活動で重要な権利

企業活動などにおいて近年重視されているものとして、知財がある。知財は、企業活動を行っていくうえで得た知識や技術になり、権利にもなるため、これらの管理は企業活動において最も重要なものでもある。知財に関しては、その手続きの複雑であり、他社や個人などに勝手に利用されないための管理が必要になる。知財管理については専門的な知識が必要になることからセミナーに参加し、知識を得ることが重要である。知財セミナーでは、知財に関する基本的な知識から申請手続き、権利を守るための管理方法まで幅広く教えてくれるものが多い。企業内に担当者を呼んでセミナーを開いてもらう者の他、会場に足を運びセミナーを受講してもらえるものなどのタイプがある。

社内全体での意識

知財セミナーを利用する際には、まずは社内の担当者を明確に決めておく必要がある。社内に専門部隊を設置し、それらの担当者にセミナーを受けさせることが効率的に取り組むための重要なポイントになる。また、その上で会社内全体での意識向上のため、社内での知財知識の共有化をすべきものである。知財においては、会社で働く人全員が意識する必要があるものであり、一部の担当者のみが行うものでない。権利取得の申請などについては、一部の実務担当者が知ることで良いが、勝手に権利を侵してしまうなどについては、社内全体の意識向上が必要になる。特に他社の権利を勝手に使用してしまうと、企業の存続にも関わるため、意識向上には力を入れると良い。